うつを治したい方へ|うつ病の症状の見破り方|心を虫食む病気に警鐘
女医

うつ病の症状の見破り方|心を虫食む病気に警鐘

うつを治したい方へ

看護師

精神的な影響が大きいとされているうつ病ですが、症状については個人によって差があります。基本的にうつ状態になるのは共通しているのですが、常にうつ状態になる場合と、躁うつ状態になる場合など、また嫌な事をしている時にうつ状態が悪化するケースがあります。症状によって適切な治療法がありますから、まずは精神科や心療内科で診てもらうことが一番です。自分でうつかもしれないと判断出来るうちはまだ軽度でしょう。その状態を通り越すと自分で正常な判断を下せなくなります。感情をコントロール出来なくなることもありますから自覚しているうちに診てもらうことが重要です。仕事を休む場合にも診断書を提出すれば基本的に問題はありません。自分の心の状態をしっかりと受け止めて向き合うことがうつ病には大切なのです。うつ病の症状が現れるきっかけとして多いのが、環境の変化によるストレスと人間関係のストレスの二つがあります。今の状態を打破するためには状況から逃げるという選択を取らなければならないこともあるでしょう。

うつ病はデリケートな病でもありますからあまり人に相談できることではないかもしれません。しかし、自分の中で溜め込みすぎてしまうと更に症状が悪化する可能性があるのです。身近に相談できる人がいない場合には医師やカウンセラーの力を借りましょう。一人では解決できない問題でも力になってくれる人がいるだけでも変わってきます。依存するのではなく寄り添って解決に導かせることも必要かもしれません。もし周りにうつ病の人がいるならば無理に責めるような言動は控えるべきです。うつ病には何かしらの原因が存在します。症状を緩和させるための治療を行うだけではなく、根本の原因となっているものを自分自身で把握することも再発防止には大切なのです。うつ病は治ったとしても再度発症する可能性が高い病気です。根源を絶たなければ繰り返し症状が現れてしまうのです。自分の考え次第で解決できるものもありますし、自分が変わってもその状況から抜け出せない場合があります。状況がそうさせている場合は、自分の置かれている状況を変える勇気も必要かもしれません。

Copyright © 2016 うつ病の症状の見破り方|心を虫食む病気に警鐘 All Rights Reserved.