こころと身体の病|うつ病の症状の見破り方|心を虫食む病気に警鐘
女医

うつ病の症状の見破り方|心を虫食む病気に警鐘

こころと身体の病

女性

病状の特徴

うつ病とは簡単に説明すると心と身体に様々な症状があらわれる状態を言います。人により症状は違いがあります。気分が重くてやる気がでない、考えかたがネガティブになったりします。他にも身体がだるくなったり、頭痛やなかなか眠れなくなったりします。それにうつ病は単に気分の問題ではなく、治療が必須な病気である事が認識する必要があります。脳の働きに何らかのトラブルが起きた状態と考えられます。原因のひとつとして考えられるのが脳の中にある神経伝達物質が減少してうつ病が引き起こされている可能性があります。病院に通い治療を開始する前に重要なのが現在の病状の把握です。病状の進行具合や原因には個人による違いがあるからです。そこで便利なのが症状チェックシートです。インターネットサイトでも用紙は印刷出来ますし病院でもくれます。通院する前に医師との今後の治療方針をスムーズに出来るので役立ちます。そこでただの落ち込みかうつ病を発症しているのか診察してもらい治療をスタートする事になります。脳の中の情報伝達物質が不足している事で発症していると考えられているので何が不足しているのか調べて治療をおすすめします。

治療方法の注意点

次にうつ病の治療方法について説明致します。休養をとる事や精神療法や薬物療法があります。休養をとる事は身体的にも精神的にも重要です。うつ病の治療で休養をとる事は大前提として非常に大事で回復する為に必要です。精神療法を行い治療するには副作用を抑える事が大切です。方法は少量の抗うつ薬の服用を行い適切な量に調整します。抗うつ薬の効果があらわれるまで服用開始から2週間から3週間ほどかかります。副作用で吐き気や眠気屋やめまいや頭痛などがあります。副作用があまりにひどくて我慢できなければ医師や薬剤師と相談し量を減らすか薬剤の種類をかえてみるのもいいと思います。うつ病治療の抗うつ薬の効果はすぐにはあらわれないのである程度、同じ薬剤を服用し効果があるか判断します。次にうつ病の症状が強く出る期間を把握するようにしましょう。なぜなら症状は強くなったり安定したり繰り返す事が多いからです。強く症状が出る期間に病状が悪化する事もあり自分では治ったと思っていても再発する事があるので注意が必要です。再発防止する事が大切になります。

Copyright © 2016 うつ病の症状の見破り方|心を虫食む病気に警鐘 All Rights Reserved.